切り絵作家

福井利佐FUKUI, Risa

風月の芸術祭in白河 書/千葉 清藍

コロナ対策について

切り絵作家

福井利佐FUKUI, Risa

《白河だるまでオカザリ》

東北地方に古くから伝わる、お正月の縁起物の紙飾り「オカザリ」は福島県にも伝承されている事を知りました。
かつては地元の和紙で地元の修験者の血を引く方達が作られていたようです。その技法を用いて、福島で手作りされた和紙を使い
縁起物がデザインされた白河だるまをオカザリとして再構築してみました。
白河だるまにも描かれた松竹梅や鶴亀だけでなく、白河市の波乗り狛犬も登場させました。

作品展示09/26 (土)〜11/03 (火・祝)

作品場所旧脇本陣柳屋旅館蔵座敷

《縁起物尽くしだるま》

白河だるまの特色である「縁起物」でだるまに切り絵を施しました。
松竹梅でも一番格式高い「松」を配置し、羽ばたく様子が優雅な鶴をメインに亀も登場させ、
白河市の有名な桜で彩り、縁起物尽くしの様子を表しました。

アートだるま展示09/26 (土)〜11/03 (火・祝)

作品場所白河市本町銀座商店街

《切り絵ワークショップ》

《切り絵ワークショップ2》

オンライン展示09/26 (土)〜11/03 (火・祝)

Profile

切り絵アーティスト。1975年 静岡県出身、東京在住。
多摩美術大学グラフィックデザイン専攻卒業、1999年JACAビジュアルアート展特別賞受賞。
精緻な観察による描写のきめ細やかさと大胆な構図で、観る者を圧倒させるような生命力のある線の世界を描き出す。

Biography

中島美嘉のCDジャケットアートワーク、Reebokとのコラボレーションスニーカーやユニクロ「UT」への参加、直木賞作家の桐野夏生氏、木内昇氏の小説への挿画や装丁、「藝人春秋」(水道橋博士著)表紙絵などを制作。
NHK太宰治短編小説集「グッド・バイ」の映像制作、NHK 「猫のしっぽカエルの手」オープニングタイトル制作。
宝生流家元主宰「和の会」のメインビジュアルを2008年〜2018年製作担当。
雑誌「婦人画報」表紙へ切り絵で参加。

2016年ミュンヘン(ドイツ)のギャラリーにて2度目の個展。
「めぐるりアート静岡2016」にて静岡県立美術館のホール展示などを行う。
2019年福音館書店かがくのとも から絵本「むしたちのおとのせかい」を刊行。原画個展を開催。
ワークショップは出身地静岡の「キッズアートミュージアムしずおか」として毎年小学校に出前授業を行ない、静岡県立美術館の実技室講師、個展開催の美術館にて多数のワークショップを開催している。
国内外の個展や合同展の参加、ワークショップなど多方面で活躍中。
2020年は「60th Anniversary サンリオキャラクターミュージアム」にアート作品で参加、全国の美術館を巡回予定(2020年 夏 六本木ヒルズは中止。)

FUKUSHIMA BIENNALE2020

〔 主催 〕
風月の芸術祭実行委員会

〔 共催 〕
白河市/白河市教育委員会/国立大学法人 福島大学 芸術による地域創造研究所

〔 後援 〕
福島県/ 福島県教育委員会/ 福島民報社/ 福島民友新聞社/ 朝日新聞福島総局/ 毎日新聞福島支局/ 読売新聞東京本社福島支局/ 福島リビング新聞社/ 福島テレビ/ 福島中央テレビ/ 福島放送/ テレビユー福島/ ラジオ福島/ ふくしまFM

〔 協賛 〕 龍興寺/株式会社 三谷精密/ 公益財団法人 藤田教育振興会/ 有限会社 大洋社/ 株式会社 ホンダカーズ東白川

〔 助成 〕
令和2年度福島県地域創生総合支援事業(サポート事業)

〔 お問い合わせ 〕
風月の芸術祭実行委員会 sirakawa2020art * gmail.com

※「*」を「@」に置き換えて送信ください。

Copyright (c) 風月の芸術祭実行委員会 All Rights Reserved.