福島ビエンナーレ2020
「風月の芸術祭 in 白河」 
“祈(いのり)

Shirakawa Art FUGETSU

SiAtF:シャトー

会 期(予定)

福島県立美術館の移動展
912日(土)~118日(日)
龍興寺・常宣寺
1010日(土)~1025日(日)

※新型コロナウィルスの感染状況によって
変更することもあります。

開催趣旨と
ごあいさつ
CONCEPT

本芸術祭は、白河の歴史・文化を基盤とした創作・鑑賞・体験等の活動を通し、子供たちはもちろん市民が改めて郷土白河を観る・知る・関心を高める契機になることを目的に開催の準備を進めてまいりました。
さらに芸術祭を機に市外県外から訪れる方々に、歴史・文化に加え食や観光を通して城下町白河を知り楽しんで頂ければと願っておりましたが、今年に入ってからの新型コロナウイルス感染症の広がりを受け開催が危ぶまれてまいりました。

しかし、今の時期だからこそ芸術祭のテーマでもある「祈(いのり)」を作品を通し発信しようといった声に支えられ、またご賛同いただいた作家の皆さんの協力によって開催する運びとなりました。

ただ未だ新型コロナウイルス感染症が収束されていない状況をふまえ、会場においては万全な対策を講じつつもおいで頂けない方に向けたネット活用による情報発信にも力を入れネット上でも楽しんで頂ける芸術祭にしたいと考えています。

新型コロナウイルス感染症の推移と対応のため準備が遅れ、現在コンテンツの詳細など急ぎ進めており、決定したものから順次お知らせしてまいりますので公式HPの情報をご確認いただけますようお願いいたします。

私たち関係者一同、1日も早い新型コロナウイルス感染症の収束を願い、祈り芸術祭開催に向けて取り組んでまいります。

アートディレクターよりごあいさつ
参加
アーティスト
ARTIST (予定)

ヤノベケンジ × ダルライザー
荒井 経/ 岩根 愛/ 伊藤 有壱/ 今井トゥーンズ/ 岡村 桂三郎/ 金子 富之/ 木下 史青/ 小松 美羽/ 鈴木 美樹/ 千葉 清藍/ 福井 利佐/ 三沢 厚彦/ 渡邊 晃一・福島大学

〔その他展示作品〕

Md,タリカット/ ヘイデン・センター/ ジェローム・パウエル/ カザリス・アラン/ ブリジット・カーナルグエン/ ミュリエル・リガール/ フィリップ・ブロッケン/ ほか

小峰城歴史館 白河集古苑:関根正二/ 谷文晁

白河ハリストス正教会:山下リン

白河市の神社:小松利平、小松寅吉、小林和平の名石工三代による「飛翔狛犬」

〔展示作品の種類〕

  • インターネットで展開されるアーティスト作品(写真映像等)
  • 3蜜を避けた公共空間での展示(平面、立体、インスタレーションなど)
  • 白河の文化と現代アート「ダルマ・アート」「狛犬・神獣・巡祈」など
展示作品 ARTWORK

ヤノベケンジ× ダルライザー

「福島の守神」をテーマにした作品

インターネットによる映像作品
(アーティスト未定)

小松美羽

「狛犬」をテーマとした立体作品(会場未定)

白河の「狛犬」ガイド

アートだるま展示

開催日:
9月26日(土)〜11月3日(火・祝日)
会場:
城下町・商店街
内容:
各アーティスト独自のダルマ作成展示
出展作家:
荒井 経/ 伊藤 有壱/ 今井トゥーンズ/ 岡村 桂三郎/ 金子 富之/ 木下 史青/ 小松 美羽/ 鈴木 美樹/ 福井 利佐/ 三沢 厚彦/ ヤノベケンジ/ 渡邊 晃一

福井 利佐

開催日:
10月10日(土)〜10月25日(日)
会場:
脇本陣蔵座敷・商店街
内容:
各アーティスト作品 「白河だるま」をテーマにした高校生の切絵のワークショップ作品 切絵からのフラッグ制作、Tシャツのシルクスクリーンへの展開

岩根 愛

開催日:
10月10日(土)〜10月25日(日)
会場:
エマノン
内容:
白河の風景写真(南湖公園)

金子 富之

開催日:
10月10日(土)〜10月25日(日)
会場:
常宣寺
内容:
「神獣」をテーマとした作品

岡村 桂三郎

開催日:
10月10日(土)〜10月25日(日)
会場:
龍興寺
内容:
「神獣」をテーマとした作品

白河ハリストス正教会

開催日:
10月4日(日)〜11月3日(火)のうち
4日程度
会場:
白河ハリストス正教会
内容:
山下りんのイコン開示(県指定文化財)

展示作品についての情報は随時お知らせして参ります。

展示期間と内容に変更がある場合がございます。

お知らせ NEWS