舞踏家

大野慶人OHNO, Yoshito

風月の芸術祭in白河 書/千葉 清藍

コロナ対策について

舞踏家

大野慶人OHNO, Yoshito

Profile

おおの よしと、1938 - 2020

日本の舞踏家。同じく舞踏家である大野一雄の次男。
1959年土方巽の「禁色」で少年役を演ずる。60年代の暗黒舞踏派公演に参画。
69年初リサイタル後に舞台活動を中断、85年「死海」で大野一雄と共演、カムバックした。
86年以降大野一雄の全作品を演出。近作にヴッパタール舞踊団ダンサーとの共演「たしかな朝」(2010)、音楽家アントニーとの「Antony & Ohnos」(2010)
ソロ作品「花と鳥」(2013)はヨーロッパ(2014)、ブラジル(2015)を巡演。

著書に『大野一雄 魂の糧』(フィルムアート社)、『舞踏という生き方』(かんた)。

Biography

1938
東京都に生まれる
1959
土方巽の演出による「禁色」で少年役で暗黒舞踏の初舞台を踏む
及川廣信にクラシックバレエ、パントマイムを学び、バレエ東京・アルトー館、暗黒舞踏派公演に参画する
1969
東京・新宿厚生年金会館にて初のリサイタル「大野慶人DANCE EXPERIENCEの会」を開くが以後、舞台活動を中断
1981
大野一雄のカラカス・ニューヨーク公演に同道
1982
大野一雄のヨーロッパ公演に同道
1985
東京・銀座有楽町朝日ホールの、舞踏フエスティバル'85 大野一雄舞踏公演「死海」にて大野一雄との共演でカムバック
リミニ・ジュネーヴで「死海」公演
三井クローズ・アップ・オブ・ジヤパンのプログラムとして、ジョイス劇場・ニューヨークにて公演
1986
オーストラリア・アデレード国際演劇祭に参加
サンパウロ、ブエノスアイレスで公演
パリ、ロンドン、ローマ等を巡演
横浜・関内ホールにて「死海」を公演
福島にて「死海」公演
1987
マドリッド演劇祭に参加
シュトゥットガルト・世界演劇祭にて、大野一雄舞踏公演「睡蓮」を演出および共演
東京・銀座セゾン劇場の土方巽追悼公演企画にて「睡蓮」公演
福島県檜枝岐国際フェスティバルに参加
1988
ニューヨーク国際芸術フェスティバルにて「睡蓮」公演
東京国際演劇祭参加作品・大野一雄舞踏公演「蟲びらき」を演出および共演
東京・池袋西武スタジオ200にて公演
牛窓国際芸術祭で「死海」公演
1989
ローマ日本文化会館にて独舞公演。
ブダペスト・IMMTフェスティバル、ベルギー・ユーロパリア'89、メキシコ・セルバンティーノフェスティバル参加
イタリアのバーリ、シチリア島、ドイツの西ベルリンにて公演
1998
郡司正勝の遺稿を基に、自身のソロ作品「ドリアン・グレイの最後の肖像」を上演
2020
1月8日、敗血症のため死去。81歳没

FUKUSHIMA BIENNALE2020

〔 主催 〕
風月の芸術祭実行委員会

〔 共催 〕
白河市/白河市教育委員会/国立大学法人 福島大学 芸術による地域創造研究所

〔 後援 〕
福島県/ 福島県教育委員会/ 福島民報社/ 福島民友新聞社/ 朝日新聞福島総局/ 毎日新聞福島支局/ 読売新聞東京本社福島支局/ 福島リビング新聞社/ 福島テレビ/ 福島中央テレビ/ 福島放送/ テレビユー福島/ ラジオ福島/ ふくしまFM

〔 協賛 〕 龍興寺/株式会社 三谷精密/ 公益財団法人 藤田教育振興会/ 有限会社 大洋社/ 株式会社 ホンダカーズ東白川

〔 助成 〕
令和2年度福島県地域創生総合支援事業(サポート事業)

〔 お問い合わせ 〕
風月の芸術祭実行委員会 sirakawa2020art * gmail.com

※「*」を「@」に置き換えて送信ください。

Copyright (c) 風月の芸術祭実行委員会 All Rights Reserved.