イコン画家

山下りんYAMASHITA, Rin

風月の芸術祭in白河 書/千葉 清藍

コロナ対策について

イコン画家

山下りんYAMASHITA, Rin

《イコン開示》

作品展示11/1 (日)〜11/3(火・祝)

作品場所白河ハリストス正教会

11/1 (日) 12:15~15:30
11/2(月) 13:40~15:30
11/3(火・祝) 10:00~15:30(神父様による講話 午前11:00〜/午後13:30〜)

Profile

山下 里舞、やました りん、1857 - 1939
日本人最初のイコン画家
正教徒で聖名はイリナ

Biography

1857年、常陸国笠間藩(茨城県笠間市)出身。
1873年、浮世絵師の豊原国周に学び、後に中丸精十郎に師事。
1877年、工部美術学校に入学。アントニオ・フォンタネージに師事。
同窓生の山室政子の影響で正教会に改宗。
1880年、工部美術学校退学。同年、山室の代役で教会より派遣され聖像画家として修養すべく帝政ロシアの首都サンクトペテルブルクに留学。
滞在中、女子修道院でイコン製作技術を学ぶ。
1883年、帰国。東京神田駿河台にあった日本正教会の女子神学校にアトリエを構え、外界との接触を絶ちイコン制作に没頭。ニコライ堂のイコンは関東大震災で焼失したが、主に関東地方や東北・北海道を中心に300点あまりの聖像を残した。
作風には留学当時ロシアで支持されていた西欧カトリックの宗教画の影響が強く、模写したロシア・イコンを通じて山下りんがギュスターヴ・ドレの聖画集を間接的に模写していたことが指摘されている。
なお、正教のイコンの原則を忠実に守り、イリナ山下のイコンは全て模写であり無署名である。
1918年、61歳で郷里の笠間に戻り、晩年は白内障のため絵筆はとらなかったという。
1939年、満81歳で没。

FUKUSHIMA BIENNALE2020

〔 主催 〕
風月の芸術祭実行委員会

〔 共催 〕
白河市/白河市教育委員会/国立大学法人 福島大学 芸術による地域創造研究所

〔 後援 〕
福島県/ 福島県教育委員会/ 福島民報社/ 福島民友新聞社/ 朝日新聞福島総局/ 毎日新聞福島支局/ 読売新聞東京本社福島支局/ 福島リビング新聞社/ 福島テレビ/ 福島中央テレビ/ 福島放送/ テレビユー福島/ ラジオ福島/ ふくしまFM

〔 協賛 〕 龍興寺/株式会社 三谷精密/ 公益財団法人 藤田教育振興会/ 有限会社 大洋社/ 株式会社 ホンダカーズ東白川

〔 助成 〕
令和2年度福島県地域創生総合支援事業(サポート事業)

〔 お問い合わせ 〕
風月の芸術祭実行委員会 sirakawa2020art * gmail.com

※「*」を「@」に置き換えて送信ください。

Copyright (c) 風月の芸術祭実行委員会 All Rights Reserved.